得点を入れてこその勝利。サッカーでは守備は当然のこと、シュートが何より重要と言えます。一試合での得点数が少ないスポーツであるサッカーは、シュートのチャンス自体も少ないですから、チャンスは必ず物にできるようシュート練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)は特に欠かせません。シュートの練習といえば、まず重要なのはそのコントロールですね。目標を定めたところに確実に蹴る事が出来るよう練習を重ねます。高度なテクニック(単に知っているだけではできないことも多く、練習や熟練などが必要になるでしょう)を身に着けたいと言うのも分かりますが、最初は基本を身につけなければ意味がないでしょう。基本スタイルから確実に狙ったところにシュートが打てるようになると、ドリブルシュートなど様々な場所や角度からでもシュートが打てるよう練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)してくださいね。また、シュート練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)はなるべくどちらの足でも蹴れるようにするのも重要になります。実際の試合では、絶対に利き足でシュートをうてるタイミングとは限らず、場合によっては敵をかわすために逆の足でシュートする必要も出てきます。さらに、高度なテクニック(単に知っているだけではできないことも多く、練習や熟練などが必要になるでしょう)を身につけるには基本的な体力をつけることも重要です。大切なシーンで走り負けてはシュートどころじゃありませんよね。そういった意味では、下半身の強化を狙った基礎練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)も重要です。派手なパフォーマンスより、正確性と確実性を身につけましょう。それらを身につけることができたら、より高度なテクニック(知っていると役に立つことも少なくありません)が必要なロングシュートの練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)も行なってくださいー